ナース

癌は早期発見が大事┃転移する危険性がある

免疫活用の治療

病院

ワクチンが作成できます

がん細胞の作用によって免疫抑制が起こることが、これまでの治療では大きな障害でした。免疫機能が働かなくなると、リンパ球などの免疫細胞はがん細胞を認識しなくなります。そのため、攻撃を仕掛けることが出来ずにがんの進行を促してしまうことが問題です。がん細胞の性質を免疫細胞に伝えるのが、本来の樹状細胞の性質です。樹状細胞療法では、このような性質を持つ樹状細胞を取り出して活性化します。がん細胞の特徴を教え込んだ樹状細胞でワクチンを作るのが、この樹状細胞療法です。細胞を再び体内に注入することで、ワクチンとしての効果が得られます。このような工夫をする樹状細胞療法では、眠っていた免疫システムを再び蘇らせることが可能です。

高額な費用がかかります

現在のところ樹状細胞療法は健康保険が適用されず、かなりの自己負担が発生します。一般的な治療に比べて樹状細胞療法は桁違いに高額であり、十分な検討が必要です。各保険会社が指定する先進医療に該当することもありますが、それでも費用は一つの問題となり得ます。樹状細胞療法は新しい治療法であるため、実績も少ないのが本当のところです。樹状細胞療法は、このような点を予め踏まえた上で試みることが必要です。ある程度のリスクを覚悟することが、大きな失望を防ぐためのポイントと考えられます。まずは化学療法の副作用の軽減や体力増強を目的として利用するのが、賢明です。樹状細胞療法を提供する医療機関では相談や情報提供を行なっており、随時利用が出来ます。